2016年12月11日

鎌倉2016秋「北鎌倉周辺」

ハイキングコースを南から北へ歩いて行くと、やがて辿りつくのは、

161210-1.JPG

鎌倉五山第四位の『浄智寺』。
4年前に来て以来の場所。
入口周辺で写真を撮り忘れたので、この写真は4年前の使いまわしです顔(ペロッ)

161210-2.JPG

仏殿や、特別に展示している白黒の2体の猿の屏風がお見事なお寺。
紅葉も見事なのですが、

161210-3.JPG

既に日差しが山影に隠れていたので、ちょっと色薄めでした。
それでも、わんこはリードで決定なのもあって、中を散策です。

すると、

161210-4.jpg

書院の中庭に、何やら寺院らしくないものが目

161210-5.JPG

アンテナ?風力計?
最初はそんな風に思っていたのですが、ふと足元を見ると、

161210-6.JPG

芸術祭なんかで見かける案内版だexclamation
全然知らなかったのですが、北鎌倉でアートの祭典をしていたんですね。

161210-7.JPG

この『kan-hikari』は、この鎌倉だけでなく、京都などでもやっていて、
短い期間、一部の場所ではあるけれど、日本文化を中心に色々な作品がぴかぴか(新しい)

書院などでは、たくさんの作品が飾られていて、
写真は撮れなかったけれど、どれも雰囲気のある作品でステキでしたるんるん

先に北鎌倉に来ていたら、これに時間を取られていたかもね。


こうして浄智寺で思わぬものを見つけて過ごしたら、時間はもう16時過ぎ。
どのお寺も16時半には拝観終了なので、ここからは外観のみ観光して、
帰りの電車が出る時間までを過ごします。

北鎌倉の紅葉の名所『円覚寺』は、行きの車窓からも見ていたのですが、

161210-8.JPG

入口周辺の紅葉がお見事ぴかぴか(新しい)

161210-9.JPG

中に入らなくても、これが見れるなんてお得だね顔(イヒヒ)

この後は鎌倉駅方面へ犬(足)

161210-10.JPG

『建長寺』前を素通りして、最後に辿りついたのは、

161210-11.JPG

『鶴岡八幡宮』。
ラストにする事が多いせいか、ここに来ると観光の終わりを感じます。

紅葉はあまり見つけられなかったけれど、その代わりに、

161210-12.jpg

結婚式の行列を眺め、猫の撮影会に便乗グッド(上向き矢印)

161210-13.JPG

こうして、今回の観光は終了。

最後まで時間を有効に使いきり顔(笑)
歩くのも、山道の3kmを含めて11kmも歩けたし、良いお散歩が出来ました。


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

ニックネーム coco-wan at 21:34| Comment(0) | 神奈川のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

鎌倉2016秋「樹ガーデン」&大仏ハイキングコース

『長谷寺』でココアはバッグインだったので、
その分、ここからは沢山歩きます犬(足)

『鎌倉大仏』は『長谷寺』と同じくバッグインだし、
紅葉らしい感じも無かったので、今回は素通り。

しばらく歩いて、この先のルートがいくつかある事に気付き、
最終的に選んだのは、トンネルをくぐった先にある階段を登ること。

161207-1.jpg

急に上にあがると、山の雰囲気が強くなってきて、

161207-2.JPG

リスを発見サーチ(調べる)

そんな自然が溢れるこの場所。実は有名なお店のあるところで、
それが、

161207-3.JPG

樹ガーデン』さんです。
色んな雑誌とかで取りあげられている事もあってか、
とても来づらい場所なのに、多くのお客さんがあせあせ(飛び散る汗)

161207-4.JPG

この雰囲気だから、それも仕方ないね。

軽井沢の『アウル』とはまた違う形だけど、
ここも天空カフェという愛称がついているのも納得グッド(上向き矢印)

少し待ってから、先にメニューを選んで、指定されたわんこ決定席へ。

161207-5.JPG

メニューは少なめだし、ちょっと割高だったので、ケーキはシェアで。
お店を囲む木々の紅葉を眺めてのんびり。

161207-6.JPG

ちょっとした、いい休憩タイムになりました喫茶店


お茶したら、ここからは山道のハイキングコースを目指しますパンチ

最初は階段を一旦降りてから向かうのかと思ってましたが、
この『樹ガーデン』さんが、そのハイキングルートの一角だった事に気付いて、
ここから更に、上へあがって『葛原岡・大仏ハイキングコース』へ犬(足)

ココアに思う存分、歩いて貰うつもりでしたが、

161207-7.jpg

2日前の雨の影響がたらーっ(汗)
半分以上、抱っこで歩くはめに顔(え〜ん)

思ったよりもハードな散策になりました。
でも、無事に歩き続けて、

161207-8.JPG

源氏山に到着。
お昼の時点ではそばにあった海が、もうすっかり遠い目

公園の紅葉は、長谷寺よりは終わりに近いけれど、

161207-9.jpg

まだ、ギリギリセーフ。
それに、

161207-10.JPG

葛原岡神社のイチョウは見事でしたぴかぴか(新しい)

縁結びの神様だけあって、若い女性が多くて、
みんな、あまり紅葉を見てなかったけどね顔(汗)


源氏山からは、そのまま真っすぐ進んで、来た時とは反対側へ犬(足)

161207-11.JPG

登りよりは乾燥しているところが多くて、ようやくココアもだいぶ歩いたら、
山を降り切ってました。

わずか3km程度のハイキングコースなのに、ぬかるみやココア抱えてたから、
結構いい運動だったなぁ〜あせあせ(飛び散る汗)

161207-12.jpg

あとは、平地に戻って、ここ北鎌倉から鎌倉駅方面へ戻る散策です。


・・・つづく


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
ニックネーム coco-wan at 13:10| Comment(0) | 神奈川のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

鎌倉2016秋「長谷寺の紅葉」

ランチを終え、紅葉への期待と不安を抱えながらやってきたのは、

161205-1.JPG

紅葉の名所『長谷寺』です。
遠くから眺めていた時は、色づきを感じなかったのですが、

161205-2.JPG

山門近くに来てみると、これはなかなかにいい感じぴかぴか(新しい)

では、ココアにはバッグインして貰って、中へ入りましょうダッシュ(走り出すさま)

161205-3.JPG

入ってすぐから、観音堂に向かう道が、綺麗な朱色に。
場所によっては、これからまだ赤く染まるように、

161205-4.JPG

グラデーションしている木があるかと思えば、
既に落葉している木もあって、その葉っぱが、

161205-5.JPG

これはこれで、とても雰囲気のある景色になってますね顔(笑)

今まで春と秋に来ていると、とても混雑している長谷寺ですが、
12月だと、やはりここでも人出が落ち着くようで、
これだけの紅葉なのに、今までで一番、すんなり歩ける観光にるんるん

紅葉をちゃんと眺めて、

161205-6.JPG

観音堂へ。
参拝を済ませたら、その奥の散策路へ行くのが通常なのでしょうが、
遠目に見ても、紅葉は特に見当たらなかったので、ここでUターン。

161205-7.JPG

ひたすら、紅葉のあるあたりをふらふらして、

161205-8.JPG

目にやきつけたら、長谷寺散策は終了です。


じゃあ、ココアに出てきて貰いましょう。

161205-9.jpg

ここからは、散歩を兼ねて、ハイキングコースへ行きますGood


・・・つづく


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
ニックネーム coco-wan at 23:33| Comment(0) | 神奈川のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

鎌倉2016秋「福日和カフェ」

3年連続で、秋の特別電車を利用して鎌倉観光手(チョキ)
前2回が11月中旬で、まだ紅葉には早かったので、その反省を活かして、
今年は特別電車運行の最終週になる12月頭に。

まさか、その前に雪になるとは思わなかったけど…たらーっ(汗)

という訳で、これまでと違って「紅葉残ってるかな?」って心配しながらも、
今回の散策がスタートですexclamation×2


まずは10時に鎌倉駅に着いたら、由比ヶ浜通りへ。

161204-1.jpg

このあたりは11時OPENのお店が多いみたいで、ほとんど開いてなかったけれど、
気になるカフェを見たり、植栽を楽しんだり、ディスプレイの絵本を読んだり。

そんな事をしていると、あっという間に30分以上も歩いていて、
そこはもう≪長谷≫。

紅葉を見る先として選んだのもあるんですが、
“観光客で混むかも”なんて思って、事前にランチを予約したお店があるのです顔(イヒヒ)

そのお店は、去年、パンを買った『Bread Code』さん。

161204-2.JPG

…の手前にある小道を入った先にあります。

この小道、有名店の『カフェ坂の下』や『ルセット』さんなどがひしめく激戦地。
そんな激戦地に、あえて今年OPENさせたお店。

161204-3.JPG

福日和カフェ』さんですぴかぴか(新しい)

まわりと同じく、古民家を再利用したカフェで、店内がステキな感じですが、

161204-4.JPG

わんこ連れは、このテラス席が利用決定
(店内はお店のfacebookなどでご確認ください)

混んでいる事を想定していたのですが、12月になったからか、
『カフェ坂の下』さんでも待ち時間無しという状況で、
小道も人通りがなく、テラス席でも人目が気にならず、のんびりかわいい

寒くならなかった事を喜びながら、しばらく過ごしていると、
ランチが登場ですexclamation

161204-5.JPG

かあさんの頼んだ“キーマカレー”。

161204-6.JPG

とうさんの“自家製ベーコンのネギだれ丼”。

どっちも、見た目より優しい味だけど、時間をかけて造りこんでいる感じがして、
とても美味しいるんるん

実は『坂の下』さんを考えていたんですけど、その際に『福日和』さんに気付き、
見たら、こちらの方が美味しそうだったので、選んだんですよね顔(ペロッ)

正解でしたぴかぴか(新しい)

161204-7.JPG

食後はセットメニューのドリンク。
チャイはスパイス効いてるし、珈琲は深みが凄いです。
激戦区に出店するだけの事はあるお店でしたGood

1時間ちょっとかけて、ランチを満喫。

161204-8.JPG

お店を出たら、小道から少しだけ海を眺め、いよいよ、紅葉散策の始まり。
山方面を目指します犬(足)


すっかり見慣れた長谷周辺。

161204-9.JPG

線路を越えて、まずは御霊神社へ。
前から大きなイチョウの木がある事に気付いていたので、来てみたら、

161204-10.JPG

まだキレイに残ってましたるんるん
都内だと、すでにほとんど落葉しているので、鎌倉の方が少し遅いんですかね?

これなら、ここから先も楽しめるかな顔(イヒヒ)

161204-11.jpg

では、まずは隣の『長谷寺』へ向かいます。


・・・つづく


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
ニックネーム coco-wan at 19:11| Comment(0) | 神奈川のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

鎌倉2016春「報国寺」&「Romi-Unie Confiture」

午後のメイン『瑞泉寺』さんで十分にアジサイを満喫したら、駅までの戻り道。
このまま真っすぐ戻るのも勿体ないので追加観光します。

いくつかお寺がある中で選んだのは、

160628-1.JPG

一昨年の秋(日記参照)にもやってきた『報国寺』さん。
本堂に“東国花の寺百ヶ寺”と掲げられていますが、花の寺というよりは、

160628-2.JPG

やっぱり竹の寺ですね。
前回同様に、ここでお抹茶を頂こうかと思いましたが、
着いたら既に受付時間が終了していたので、散策のみ。
(ちなみにわんこはバッグインのみOK)

有名なお寺だけあって、夕方近くなってもとても混んでいて、
コンベアのように一定スピードで歩いて回るだけになってしまいましたが、

160628-3.JPG

アジサイと竹という、また違う風景に出合う事が出来ました。

160628-4.JPG

今回も多くの寺社を観光出来たねGood


こうして全ての観光が終了し、鎌倉駅近くへ徒歩で移動犬(足)

ランチ以降は、ずーっと歩き続けたので疲れました顔(え〜ん)
ちょっと休憩るんるん

駅周辺で、ココアも連れて行ける場所を考え、最終的に決めたのは、

160628-5.jpg

前にジャムを購入した『Romi-Unie Confiture』さん。
店舗内には連れて入る事は出来ませんが、店舗の横に、

160628-6.JPG

路面に面したクレープ屋さんがあって、テーブル席が1つ。

暑い日だったので、クレープという気分ではないけれど、
Romi-Unieさんなら「きっと美味しいに違いない」ということで、
ちょうど空いていたテーブルを確保し、

160628-7.jpg

2人で1つだけ購入。
味が4種類ある中で“塩キャラメル”を選んだのですが、
暑い時に熱いデザートなのに、ソースの程よい塩加減が、
クレープのパンケーキっぽいモッチリした生地に合って絶妙グッド(上向き矢印)

160628-8.JPG

ドリンクの“フルーツソーダ”もスッキリ飲みやすくて、すっかり癒されました。


と、今回の鎌倉観光はここでタイムアップ時計
梅雨で雨を心配していたら、逆に晴天すぎて暑さが気になる道中でしたが、

160628-9.jpg

1/3くらいは暑さ対策のためにとうさんに抱っこされたけど、
それでもココアも10km弱くらいぶらぶら出来て、よいお出かけになりました顔(笑)


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
ニックネーム coco-wan at 22:55| Comment(0) | 神奈川のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする